天の声が書く。皆さん、今日は記念になる日ですね。戦後七十年になったよ。

戦後七十年になった。その日は、今日でありますね。その今までの苦難の道は、平坦ではなかった。戦後の復興を成し遂げるために、皆さんは、血と汗の結晶を流してきたわけでありますな。人は、前へ進みたいと思う時もあろう。しかし、今日などのような記念日には、過去を振り返ることが正しく思うよ。

さて、皆さんも、安倍総理の談話はお聞きになりましたかね? KOUJI殿はまだでして、朝日新聞の記事で少し目を向けてみたくらいです。

じっくりと、今回の談話の評価が次第に明確になる時が来るでしょう。既に明確なのは、今日本は平和で豊かだということです。確かに、中国など、躍進してきて、日本の領土を脅かそうとしている所もある。その点は、日本も防備をしていかないといけないと思うよ。

平和が続く社会であって貰いたいものだと思います。

天の声が書く。こんにちは、KOUJI殿。戦後七十年ですなぁ。

今日で、戦後七十年が経ったわけであります。ひと思いに書きたい。皆、戦後からよく立ち直ってくださいました。日本は、戦後の復興を成し遂げて、今では大変な裕福優雅な生活ができている事を思うと、戦禍にみまわれた方々の大変な犠牲の上に我々は漸く日の目を見ているということです。

ひと思いに書いたよ。達者でなぁ。

天の声が書く。ああ、Linux Mintのサーバーは元通りになったようですね。

そうですか、今日は思い切って、フォーラムの方で、サーバー管理人さんとお話してみたのですな? そしたら、アクセスが急激にアップしたのか、それが原因でサーバーダウンをしているらしいとのことでしたかね。

そうでしたか。解りました。お金がもう少しあれば、きっと安定動作できるのではないか? ということも書かれていたとな。そうですか。

はい。まぁ、そういうことならば、特にKOUJI殿は援助したりするところまではしなくても良さそうですなぁ。

さて、その他には、今日は終戦記念日ですね。解脱会では、本部などで、特別に行事が行なわれているようですな。そして、今日はKOUJI殿はそこへ行かなかったと。まぁ、仕方がない。それも自由参加ですからね。必ず行かなきゃという話ではないのであります。問題なのは、戦後七十年談話という、安倍総理のお話ですね。それは、色々と問題になっているのが、「お詫び」を入れるか入れないか。侵略してきた事を、安倍総理は認めるのか? など、村山談話を踏襲するのかね? なども論点であったが、今日はきっとお話があったということでしょうから、きっと皆さんもご覧になることでしょう。

達者で過ごして下され。

KOUJIが書く。私が書きたいことを、神々様がみんな書いてくださいました。有り難うございました。

そうそう、特に、宗教を学んでいる者にとって、禁酒ですからとか、朝、昼、寝る前に酒を浴びるなんていうことは、あってはならないことですよと言いたげな宗教家の方々もきっといらっしゃることでしょう。

そんなに堅苦しくない生き方をしたほうが、人生を楽しく生きていけるというものであります。最近は、宗教を学んでいる人は、真面目人間が多くて、近づきがたいですねという、一般の無宗教の方々も沢山でしょうから、宗教を学んでいても、教団によっては、お酒をある程度頂いてもいいですよという所も沢山なのですから、そういう宗教団体を選んで、入会をしたらいかがですか? とお勧めしたいくらいであります。

まぁ、無理ならばお勧めは止めますがね。皆さんも、健康で長生きがいいですよね。

お元気でお過ごしください。

天の声が書く。KOUJI殿、それ位羽目を外せよなぁと前々から言いたかったのであります。

KOUJI殿は、朝、起きたらちょっとお酒を嗜みまして、お昼には、昼酒で無職ですからなぁ。昼にも酒を飲める幸せでありますよなぁ。そして、寝る前には、寝付きを良くするために、少し飲んでから休むという。

それ位でいいのであります。我も言いたいことが、しっかりと伝わっているようで何よりでありますなぁ。

何せ、最近の風潮として、宗教を学ぶ者は、酒などは浴びてはいけませんなどと堅苦しく言う宗教家の方々も中にはいることはいるのであります。

そんな生き方はべらぼうめと言いたいであろう。その通りであります。人間、少し懐に余裕ができたら、酒の一本でも買ってきて、朝、昼、寝る前と、薬のように酒を浴びるのは、たまにはいいものでありますよ。

ホッホッホ。確かに、それが毎日だと、肝臓を悪くしますがね。達者でなぁ。

天の声が書く。KOUJI殿の酒の飲みっぷりには、参ったなぁ。我も見習いたい。

我も見習いたい位であります。天の神々も確かに酒は大好きでありますが、たまに頂く程度であります。

しかし、昨日月桂冠の月を買ってきて、一人で、酒を朝、昼、寝る前と浴びている姿を見て、ほぅほぅ。それはそれは、とても穏やかに過ごせているようだねと思います。

真面目すぎる人は、少し位羽目を外す必要性が有るのであります。人それぞれ性格や特性を持っているが、真面目すぎる人は少し不真面目になろうとする努力が必要なのであります。

そして、不真面目すぎる人は、少し位真面目になろうとする努力が必要なのでありますよ。

そうそう、だから、KOUJI殿の昨日からの不真面目さは、立腹するどころか、とても穏やかに過ごせているようで、和やかに我も見ているよ。じゃあ、我は人間に、悟りを深めるのは、これくらいして、後は、まぁ、デレデレと過ごしてもいいのであります。達者でなぁ。

天の声が書く。こんにちは、皆さん。このKOUJIとやらは、朝、昼、寝る前と薬のように酒を浴びております。

そうそう、それ位でいいのであります。あまり真面目すぎるところが多い人は、少し羽目を外せよということでありますなぁ。それができる人は、真面目すぎること無く、普通に、人生を謳歌できるというものであります。さぁ、今日もムシムシとしてきましたなぁ。

クーラーを入れ給え。皆さんも、我慢強いのが取り柄ですという人は、注意されたし。皆さんも、周りを見渡せばいらっしゃるであろう。家族内でもきっといらっしゃる。この暑い最中、クーラーを入れずに、「ああ、大丈夫だから」みたいに軽々しく言っている人を見かけるであろう。そういう人が、一番危険であります。夏の暑さはまだまだ続くのですから、是非とも、28度以上になったら、クーラーを点けて、快適にしてもらいたいのであります。達者でなぁ。

天の声が書く。KOUJI殿、それでいい。それくらいが丁度いいのであります。フッフッフ。

KOUJI殿の、昨日辺りからの、不真面目な行動に、とても微笑ましく思います。そう、神々は、少し真面目すぎる人には、少し不真面目になってみてはいかがですか? とお勧めをするのであります。それが、中庸ということでありますよ。

人間、真面目すぎると、人生を送っていくうちに、つまらないものになり勝ちであります。そうならないためには、是非とも、少し不真面目になろうというくらいが丁度いいよと言いたい。

じゃあ、我はあと、人間に様々な物語を生きてもらいたいと思います。達者でなぁ。

天の声が書く。皆さん、元気ですかね? KOUJI殿は、寝酒に朝酒、昼酒といっぱい楽しんでおりますなぁ。ホッホッホ。

KOUJI殿は、少し羽目を外したほうがいいというのは、こういうことでも言えることであります。たまには、朝酒、朝風呂、など、お昼にもお酒を召し上がりまして、寝る前にも頂いてしまうほどの、極楽ぶりでありますなぁ。ホッホッホ。そうそう、それくらいでいいのであります。

あまり、人間、真面目人間だと、すぐに、ああ、この人は真面目な人だから、あまり近づきたくないなぁと思う人が多いのです。

ですから、少し不真面目になろう位が丁度いいのであります。

じゃあ、我は人間に、不真面目すぎる人は少し真面目になろうとした方がいいとも言いたいし、真面目すぎる人は、少し不真面目になろうという人生が丁度いいよとお話し、帰るとしますよ。

KOUJIが書く。今日の神々様のお話は深かったですね。

今日の神々様のお話は深めでありますね。

皆さんも、自分の幸せのみ祈るような人生だと、きっとしあわせ感が薄めでありますよということですね。

人々の幸せを第一に考えるということは、つまりは、家族がいる人は、家族の幸せを祈ることから始めればいいと思います。家族がもし誰もいないならば、地域の人達の幸せなどをね、考える。そんな事をしていると、益々自分自身の幸せ度が上がっていくのでしょう。

我利我利の亡者では、きっと一生、本当のしあわせ感がもらえずに、死に至るのでしょうね。

インターネットをやっているのであれば、自分の発表したい有益な情報を、皆さんに公開するということでもきっといいと思いますよ。もちろん、公益性があって、なおかつ、合法的でなければなりませんね。

そんな事を考えていくと、きっといい人生を送ることが出来ますよ。

天の声が書く。皆さん、人間は、勝利するかしないか。その問題は、宗教問題を解決し、戦争から平和へ礎を築いていく事が重要なのであります。

平和の礎を築いて欲しいのでありますよ。人々は、すぐに、iPhoneだ、iPad、Androidだと言って、自らの欲望を満たし、人々の幸福は二の次、三の次と言っているから、いつまで経っても、人々の心の中に、幸せでありますよという気持ちが薄めなのである。

その薄めの幸せ感を、濃厚な幸せにするためには、どうするか? それは、人の幸せをまず先にする。そして、その人の幸せになったあと、人の幸せの波動を受けて、自らも幸せに成るという構図が一番良くてね。それができる人は、相当な幸せな人生を送ることができるのであります。我利我利欲望の亡者では、きっと死ぬまで本当の幸せ感をもらうことが出来ずに、死に至るであろうなぁ。

さて、皆さんはどうするかね。自分の人生です。

天の声が書く。そろそろ、決着を付けたいのであります。宗教は一致して、世界平和、紛争解決に努力するべきだと思います。

地域の平和無くして、世界の平和無し。

世界を平和にするためには、まずは、夫婦や家族、地域からということであります。それさえも、平和で暮らしやすくなかったら、世界平和など、到底出来ないのであります。人間に可能なことは、一人ひとりが、解脱することが可能なことなのであります。

我は人間の皆様に、解脱してくださいと言いたい。達者で過ごしてもらいたいし、そして、道徳の教科書に、如何にすれば、解脱が可能かを明確に記してもらえるように、各宗教や、一般の皆さんもですが、手を携えて、共通の知識として、教科書に明記してもらいたいのであります。

人々は、既に、一杯であります。しかし、まだ、人口は増加の一途を辿っていくでしょう。それは、人々が如何に、ゴミ袋を携えて、人々の不幸をゴミ袋に入れるかであります。

人々の幸せというものは、人口が増加することによって、逼迫するであろうから、人間には、社会の豊かさを追求することと同時に、世界の平和、紛争解決に全力を費やさなければ、一体いつ人間は立ち上がるのであろうか。

立ち上がるのは今しかない。人々は、人口増加というキーワードの他にも、病気、食料不足、海面上昇、地球温暖化など、今なお進んでいる問題で、解決をすぐにしなければいけない問題が山積みであります。

その山積みの問題を置いておいて、自らの幸せのみを追求する愚かさを、皆さんが悟ってもらいたい。人々は、全力で、今申した問題に対処していかないと、きっと後々、人類は滅ぶかもしれないのである。そこまで言っておきます。

沢山の問題を、今すぐ解決していくためには、宗教同士争っている暇はない。

1 75 76 77 78 79 81