ああ、おはようございます。
先程の御霊は、病を持っている御霊ですので、帰ってもらって正解です。
まぁ、人の気持を大切にするのもいいですが、四聖の御霊だけに守ってもらえればいいではないかね?

さて、晃治殿は、人間、霊媒素質者でもある晃治殿は、すぐに御霊の声も聞こえるし、
自動書記もできる体になってしまわれましたね?
ホッホッホ。めでたきことであります。

晃治殿にとっては、普通のことですが、一般人にとっては、普通じゃない能力を持っているのです。
Linuxを使えることでさえ、普通ではありませんね?
Linuxのデスクトップを使っている人の割合は、1~2%位の割合というではないか?
それでさえ、晃治殿は珍しい人間です。
更に輪をかけて、霊能力を持っているので、一般人から見れば、仰天の人間なのであります。
希少価値が高い人間なので、我々も大切にしております。

まぁ、晃治殿は自分では解らないようですが、解脱も完了しておりますし、まぁ、仰天。
自分であまり周りに言わないので、騒ぎにはなっているのか、なっていないのか解らないようですが、
世間の皆さんの中でも、上の方に所属する霊格、人格の皆さんから、一目置かれているようです。
めでたいことですね。

ホッホッホ。
それから、晃治殿は今日は神明宮へ参拝する予定ですね。
そうか、天照大神様、スサノオの命様、ツクヨミの命様へ、よろしくなぁ。
それでは、ごきげんよう。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com